読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bon appetit *

食物科女子大生✕世界一周

MENU

犠牲祭を体験して感じたこと

 

9/12はイスラム教徒にとってとても大切なl'Eidの日。

 

f:id:joliegirl1226:20160917033219j:image
朝から枕元がなにやら騒がしいなあとむにゃむにゃしていたら 羊の鳴き声が聞こえて飛び起きたのが今朝。

部屋開けたら"今起きたの?今日は犠牲祭だよ!!"て騒がしいママン。
わたしの部屋の隣にあるテラスで生贄にするらしい、、やめてくれえええ☝︎

 

f:id:joliegirl1226:20160917033233j:image

朝ごはん食べてしばらくしたら
近所の兄ちゃんみたいな人がやってきて
わたしのパパと共に 羊の足を紐で縛って、、


"doucement ~~~doucement ~~~"と謎になだめるママンと(こんな状況でゆっくりできるわけない)
きゃあきゃあスマホを向ける親戚たちに囲まれて、、

もうそのあとは過去最強に残酷な光景が繰り広げられました。

f:id:joliegirl1226:20160917033251j:image
あえて記すとしたら
首切れても呻き声を上げること
首の動脈は超太かったこと
痙攣が不気味すぎること 、、など

 

見なくていいよ、と言われるのを押し切って見てるくせに泣いてしまいました。目の前で苦しみながら死んでいく羊を見ながら 21年間何も知らずに肉を買って、食べて、時には残して ということをしていた自分がなんかとても悲しかった。

 

 綺麗に皮を剥がし

f:id:joliegirl1226:20160917033310j:image

頭を焼いて角を切って、、

f:id:joliegirl1226:20160917033322j:image

その日の午後から数日かけて 羊を食べ尽くします。

 

f:id:joliegirl1226:20160917033426j:image

f:id:joliegirl1226:20160917034024j:image
お昼は肝臓、夜は胃、次の日のお昼が肩で、、最終的には頭のクスクスらしい。これはまだ食べてない◎

 

f:id:joliegirl1226:20160917034026j:image

羊の皮を集める人たち。

道端には血の付いた服や洗面器、ナイフを持ってる人たちがちらほら。

この行事では貧しい人にも食べ物をあげるのが決まりらしくて
わたしの家にも数人 お兄ちゃんが来てました。
あと調理したのを袋に入れてどっか持ってったりもしてたなあ〜〜

 

 

そんなこんなでこの行事を終えて 一番感じたのは(もちろん宗教的に大きな意味のある大切な行事だし、もう何百年もやっていることだし何も知らないわたしが理解できることではないけどその上で)
普通の人がこれをやってしまう、できてしまうという恐ろしさ。

 

普通の家で 普通の人が 大きなナイフでさくっと生き物の首を切れてしまう
返り血を浴びながらにこにこ見れてしまう

夜7時のニュースでも 羊や牛の首が切れて血が噴き出す瞬間の映像がずっと流れていました。わたし以外の人はなんともなく見てた、まあ当たり前だけど それがすごく怖かったです。

 

日本は基本的に屠殺とか見れないし スーパーに並ぶ肉は生き物からとても離れてるように感じることもできます。
だから、命をもらってるという有り難さを実感する意味ではとても大切な機会だなと 犠牲祭を見るまでは思っていました。

 

でも実際に見てみると もう慣れてしまって 感謝とか有り難みとかではなく1つの行事でしかなくて。生贄にする行事。苦しむのとか血が吹き出るのとか ていうかもう自分が喉を掻き切ることでさえなんの躊躇もなくて。

 

同じ人間なのにこんなことできるのが怖かった。しかもそれが大きな1つの宗教の当たり前の行事であり、こうやってマイナス思考を抱くことさえ本来望ましくないことを考えたら 異文化理解の闇というか埋められない溝みたいなのを初めて感じた気がする、、

f:id:joliegirl1226:20160917034043j:image

 

だからって 肉を食べるのをやめるとかそういうことじゃない
じゃあ命を感じるために屠殺を見るべきかというとやっぱり見るものじゃないと今回体感したし
結局 食べ物を大事においしく調理して
残さず食べて 感謝して、、っていうことしかできないんだあという結論。
その意味では いただきます、と習慣だけでも手を合わせて言う日本のしきたりはとても好き。
いろんな国の食卓にお邪魔したけどその点で日本の食は素敵だなあと思う。

 

まずは自分、そしてまわり、いつかは子供達にも 今回の経験を元に命をもらってる大切さを伝えれるようになりたいな〜〜
というプラスのゆるゆるなまとめでおしまい。