Bon appetit *

食物科女子大生✕世界一周

MENU

3連休☀︎


セネガルではムスリムの巡礼のため
国民の多くがDemouに集まるという大切な時期。


そのため月曜日が祝日で3連休〜〜〜
これ知ったのが金曜で どうしようなにしようと思い
首都ダカールに行くことも考えたけどなんせこの週末は移動が半端ないらしくて断念、、
結局、観光地もスーパーもほとんどなく
ちょっとお金払ってどこか訪れてもなんやねん!となりがちなため
ゆっくり過ごしました◎




土曜は桶に水ためての洗濯。こんながっつりいろいろ洗うんは初めて。
洗濯時間の半分で乾きました。乾燥しとる。



午後はエプロン作るためマルシェで生地探し。
悩んでばかりの様子が気に入らなかったらしく、お店のお兄さんに
もうこれでいいじゃん!どんだけ悩んでんだよ!!!!とキレられて
しゃーなしに選んだのになってしまた、、、



10分しか悩んでないのに朝からずっと悩みやがってとかわけわからん冗談言われた。おもんないで。

いつも寄せ書きしてもらってるエプロンと
同じ型にしてもらいます◎
うまくできるかな〜〜〜、、、



夜はずっと見たかったペイフォワードという映画やっと見れた◎アメリカ問題ありすぎやろ




日曜は こないだ行ったベトナム料理屋さんへ再び ❤︎

ここ海沿いで 安いしおしゃれでWi-Fi安定してるしいいとこすぎる◎
フランス人にマドモアゼルと言われた〜〜〜嬉




午後からはずっとお会いしたかった協力隊員さんにタリべの住むダーラを案内してもらうことに。


1年半以上ずっと子供達と関わってこられた隊員さんは
とても信頼されているんだなあということが子供達の様子からよくわかったし
それだけ近くにいれることが羨ましかったです。やっぱ数ヶ月だと知ることもできることも僅かだなあ〜〜〜



それだけ一緒に過ごされている隊員さんから聞く子供達の話は
遠いものだとか 厳しい、辛いものだとは感じられず
むしろそれが文化で、当たり前のものなんだなあと。


勝手に虐待、と海外メディアが報道しているとしても
それを問題だと思っているのは誰なんだろう?という言葉には考えさせられるものがありました。


そして、そう思うほど 子供達は笑顔で楽しく過ごしていました。



ダーラの後は 協力隊員さんのお宅でピザ作り。
小麦粉を伸ばしたものにケチャップ、野菜を乗せて焼いた簡単なもの。



包丁の刃先を素手で握って騒ぐ子供たち。
あ、包丁ってこんな持ち方しても切れないのか、、て初めて知ったw



ちゅき〜!と名前を呼んでくれる子供達、もう可愛いすぎた。
隊員さんありがとうございました〜〜〜!!!!





そして今日は家でごろごろ。
ここに住んでいるのはみんな家族だと思っていたけど
実は一番下の妹アジャは親がどこか違う所にいるらしい、、、てのを最近知った◎



彼女だけ他の言語も話せるから、その理由を尋ねると
だって親がプラール族だからね!と普通に言われてびっくり。



その時から そういえばいつも誰よりも話しかけてくれて仲良くしようとしてくれたり
誰よりも働いていたり 彼女だけ怒られていたり 部屋がなかったり
そういうのがなんとなーく目に付くようになってしまって◎





今日はそんなアジャともっと仲良くなりたい、、と思い
一緒にリビングで折り紙したりYoutubeで音楽探して歌って踊ったり、、

まともな写真がないw



あとゲームアプリも こっちで有名らしい謎のものがたくさん入りました◎
Mr policeman ていう歌が流行ってるらしい〜〜永遠歌ってたから覚えてしまった、、





夜ごはんは肉じゃがを作ろう!てことになって
アジャとマルシェに買い出し。7人分の材料、600円で揃いました❤︎
切り方、火の入れ方、味の好み 全部アジャと違うから
あああああそうじゃないいいいいいいということいっぱいあったけどそれもまた楽しい◎



無事おいしい肉じゃができて みんな完食してもらえました。
わたし的には家にあった謎の中国醤油のせいで微
妙な仕上がりだったけどまあよいかな〜〜〜〜



あしたからお仕事再び〜〜