Bon appetit *

食物科女子大生✕世界一周

MENU

久々授業ーー!

体調不良になるといきなり気になることが増える、、

そういえば生野菜全然とってないこと
水浴びしかできないこと
毛布や長袖がないこと、、

もう全然治らないやんーーて今日も落ち込み。

ボランティアのマイケルも
先週1週間休んでたのにまだ咳出てるから
セネガルの風邪ってしぶといんかな、、


今日はそれでも いかないともっと落ち込みそうだったから
午前も午後も しっかり授業◎

午前はフラ語、午後は日本語教えました〜〜!!



日本語勉強してる彼、普段はアラビア語ばっかり書いてるから
日本語もふにゃふにゃ。
でもよく観察してるしよく考えるから
どんどん理解してくれてたのしい。


今日はどの生徒もしっかりわかって
帰ってくれたなーー◎

初日はフランス語、まだ発音しかやってなかった
ギニアビサウ人の男の子も
わたしがプラール語を混ぜながら教えるのが
とても楽しいみたいで
一通りの挨拶ができるようになってた❤︎うれしい。


夕方医療ケアに来た6歳の男の子は
2週間前に初めて来た時はもうすぐ死んじゃうかもってくらいのえぐい傷だったのに
とっても薄くなっててびっくり。


聞くと子供達で喧嘩して首を切られたらしい。どんな喧嘩。


2週間前は泣きじゃくってわめいて
わたしまで泣いちゃったからすごい覚えてる。


このセンターに来て 小さな治療重ねていったら
こんなにも変わるんだなあというのを目の当たりに。


やっぱり 風邪引いてて思うのは
外傷に関しても風邪とかに関しても
基本的な対応がなかなか違うのか わかっていないのか

窓を開ければ済むだけの換気をしなかったり
放置しなければ治るものをそのままにしてたり。


食べ物も同じで
カルシウムなんてどこでとってるの?だし
たぶん葉酸とか存在してないんじゃないかレベル。
大皿みんなで分けるスタイルだから難しい。そこに混ぜ込むしかないんだろうけど。


まあ身体のつくりも 強さも違うんだろうし
長い目で見てきたわけじゃないからなんとも言えないのがな〜〜



帰り道は仲良しのタリベのお家を見つけたり
相変わらず絡まれたり
もういっぱい話しかけてくれるん楽しくてついつい寄り道しちゃう◎



お湯沸かしてシャワーできたし
あああほんまにもうなおって!!!